リレーインタビュー ~あなたもわたしもRCJ~

ローバー年代では、様々な活動を通して自身のローバリングを追求し、自己研鑽に励んでいます。スカウトまたは指導者として、さらにはボーイスカウト以外の場所で多くのローバー年代が活躍しています。

この企画によって、皆さんに少しでもローバー年代について知って頂ければと思います。

第4回

佐坂 美月(ささか みつき)さん

大阪連盟みしま地区茨木第3団ローバースカウト隊

20歳


Q.あなたのアピールポイントを教えてください。

A.明るく、誰とでも気軽に話すことができるところ。


Q.普段はどのような活動をしていますか?

A.団をはじめ地区、県連盟など様々な行事に積極的に参加、奉仕しています。団ではローバー隊でも活動していますが、ボーイ隊の副長補としても奉仕を行っています。


Q.ローバー年代で経験した活動を教えてください。

A.平成28年度全国大会、第12回日本アグーナリー、RCJクエストin高萩、第21回全国フォーラムアドバイザー、平成29年度全国大会、富士特別野営2017、RCJフォーラム2017など。全国事業以外にも、RCJブロックイベント、団・地区・連盟行事など多数経験しています。


Q.これまでの活動(特にローバー年代)で最も印象に残っていることを、理由やエピソードも交えて教えてください。

A.RCJフォーラム2017で実行委員をさせていただいたことです。ローバー2年目にしては様々な活動に参加し経験を積んできたつもりでしたが、現実はそう甘くありませんでした。実行委員という立場の経験がなかったため、右も左も分からず他の実行委員に迷惑をかけることがあったかもしれません。しかし、私にとっては良い経験が得られた活動の1つだと思っています。RCJフォーラム2017で関わった皆さんにはとても感謝しています。参加者の方から「よかったよ~」「頑張ったね」という言葉を多数いただき、自分自身の成長にも繋がったと実感しています。


Q.今後はどのような活動に取り組みたいですか?

A.まだまだ様々なことを経験しつつ、後輩スカウトへ自分が経験してきたことを伝えていきたいです。


Q.最後にひとこと

A.全国ローバースカウト会議(RCJ)をこれからもどんどん活性化させていくためには皆さん1人1人のお力が必要です。力を合わせてRCJを更に盛り上げていきましょう。